20代のための景品の選び方

幹事のセンス

1番盛り上がる


幹事といえば、二次会の会場選びのセンスが問われることがよくあるものですが、
それだけでなく、二次会の景品選びでもセンスが問われるものです。

状態をよく見て


素敵な二次会景品を用意することができれば、幹事を任せて良かったと
参加者のみんなから思ってもらえるでしょうから、うまく選びたいところです。


なお、二次会でセンスの良い景品を用意するためには、いくつか押さえておいた方が
良いポイントというのがあります。


まず1つ目は、持って帰るのが面倒くさいアイテムを景品として用意しないということです。
やたらと大きな物や重い物が当たり、現物での提供という形だった場合には
持ち帰るのに一苦労です。


ですから、こういった物を二次会の景品として用意する時には、必ず目録にすることが大切です。


続いてのポイントは、選択肢の広さを重視するというものです。
例えば、10点の景品を用意した場合であっても、その中にお菓子の詰め合わせが
含まれていれば、その景品は1点であっても、それ以上の点数の物を
もらった感覚になれるものです。


また、全部はもらえなくても、ある程度選択肢のある中から自分が好きな物を
指定してもらうことができるタイプの物にしておけば、魅力的です。


もちろん、単独でも魅力的な物はありますが、そういった物だけでなく、
選べるタイプの食べ物や体験型の景品を用意しておけば、全体のラインナップを
見た時に非常に豪華な感じになりますから、センスの良さが伝わるものです。